町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁塗装・屋根塗装・屋根葺き替え 外壁メンテナンスは素材によって変わります。①

外壁塗装・屋根塗装・屋根葺き替え 外壁メンテナンスは素材によって変わります。①

毎日、毎日コロナの感染者が増えて皆さん不安ですね。

弊社ではご自宅訪問の際も、しっかりウイルス対策を実施しております。

●スタッフはマスクを着用させていただいております!

●手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底しております!

●現場調査時にはスタッフの検温実施、体調管理も徹底しております!

営業販売のSです。

今日は、外壁材の私が知っているマメ知識を!

外壁のリフォームを検討する上で外壁材の種類・特徴を知る事は、とても大切です。

外壁材の種類には、主に7つに分かれます。

・窯業系サイディング

・金属系サイディング

・樹脂系サイディング

・モルタル

・タイル

・ALC

の7種類です。

窯業系サイディングは、セメント質と樹脂質などを板状に圧縮形成したもので、最近の住宅では

もっとも多く使われています。

 

メリット デザイン性・色柄も豊富

デメリット コーキング材の経年劣化

メンテナンス頻度 7~10年(新築時)

 

メンテナンスのサインとしては、コーキング材が劣化する特徴として、剥離・変色・ひび割れです。

サイディング材のチョウキングなどの症状も見逃さないで下さい。

 

金属系サイディングは、金属板を成型加工して断熱材で裏打ちした外壁材です。

金属板の種類は、亜鉛メッキ鋼板・ガルバリュウム鋼板・アルミニウム合金・ステンレス鋼板です。

 

メリット メンテナンス周期が長い

デメリット コーキング材の経年劣化・塩害・白錆・電蝕

メンテナンス頻度 10年~15年(新築時)

 

メンテナンスのサインは、メンテナンスの周期は長めですがコーキングの劣化や塩害・白錆び

などが見られたらメンテナンスの時期です。

 

グラスビトウィーン ではベランダ・屋根・外壁・内装などその他様々な外装リフォームで

お困りのお客様に様々なメンテナンス方法をご提案いたします。

お悩み事があればグラスビトウィーンへお気軽にご相談ください!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断