町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 町田市・横浜市近郊の外壁塗装のお客様!!塗料だけにこだってませんか??

町田市・横浜市近郊の外壁塗装のお客様!!塗料だけにこだってませんか??

皆さんこんにちは!

販売営業担当のKです。

本日は目地コーキングの種類についてです。

外壁塗装は長持ちしても、目地コーキングがひび割れがあったら気になりませんか??

弊社はコーキングまでこだわって外壁塗装を行なっています。

色も大事だし、塗料も大事ですが見えなくなる所までこだわってお客様の家を長持ちさせています。

仕上げは、塗料が乗ってしまう為に中々わかりにくい部分ですが・・・

※但し、弊社がオススメ塗料のダイフレックスを使用する場合は、こちらは保証書の関係で使えません。

coaking_img01.png

最近ではシリコン塗料を上回る高耐久塗料などの機能性の高い塗料が一般的になりつつあります。

耐久年数で言うと15年以上もつものも珍しくありません。塗料は進化しつつあり、今後も発展を続けていくと思いますが、そんな状況にコーキング工事(シーリング)の現状はどうでしょうか。

そもそも、そこまで細かい知識を持っている業者が少ないという現状もありますが、塗料の進化に伴いシーリングの性能も高耐久のものに変化させていく必要が出てきました。

そこで、今回ご紹介させていただくのが長期耐久型ハイクオリティーシーリング材です。

これまでのコーキングの耐久年数は3~5年程度でしたが、オートンイクシードは20~30年と高い耐久性を発揮します!

耐久性を考えるならコーキング材にもこだわりましょう

coaking_bg01.png

外壁塗装工事には塗装以外にもとても大切な工程があるのをご存知ですか?

本当の意味で建物を雨風から守るために地味ではあるが「大切な仕事」

それがコーキング工事(シーリング)です。

コーキングとは、外壁材のジョイント部分に見られるゴム製の目地材です。

コーキングの役割は地震による外壁の動きに対応してその力を逃す役目と防水性と気密性を保つ役目を果たしています。

シーリング材の特徴

時間が経つと硬くなります

coaking_bg02.png

一般的なシーリング材には、柔らかく形を変えやすい「可塑剤」が入っています。

これは、作業性を向上させる目的であり、可塑剤の多いシーリングは歳月が経つにつれ硬くなります。

ゴムが硬くなるのは致命的で切れや劣化の発生を促進させます。

時間が経った輪ゴムが簡単に切れたりするのと同じ理屈です!

シーリング材によって耐久性が違います

coaking_bg03.png

耐久性とは、伸縮を繰り返す外壁材に対する追随性のことです。

シーリング材の耐久性はJIS(日本工業規格)によって区分されています。

数値が高いほど高耐久性です。

シーリング材によってこの数値は違うので、注意が必要です!

coaking_img03.png

コーキング材の界面剥離

coaking_bg04.png

防水上の問題あり。

【最も発生頻度が高いトラブル】

原因:プライマーの塗り忘れ、塗りむら

(プライマーとはシーリングを充填する前に塗り、接着性を向上させるものです。)

シーリング材の亀裂・破断

coaking_bg05.png

防水上の問題あり。

原因:耐久性の低いシーリング材を使用したため

コーキングの施工手順