町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > サイデイングの目地・サッシ廻りのシーリング材が心配!シーリングとコーティングの違いて?③

サイデイングの目地・サッシ廻りのシーリング材が心配!シーリングとコーティングの違いて?③

今年もあと2週間となり、挨拶廻りなど行こうかと思いつつコロナがこれだけ広まると、、、、

思い悩んでいます。

営業販売のSです。

コーキングについて最後に成分・症状・作業補法について

コーキング材は、成分により2つのタイプがあります。

1成分型(1液タイプ)2成分型(2液タイプ)

 

1成分型は、空気中の水分に反応して硬化します。

カートリッジにセットすれば施工出来ます。

2成分型は、基材に硬化剤を混ぜ合わせることで硬化します。

基材と硬化剤は、専用の機械で混ぜ合わせなければならない

ため、専門知識が必要です。

  

外壁で発生するコーキングの劣化には主に、剥がれ・ひび割れ

欠けがあります。

剥がれは、経年劣化によりコーキングがポロポロ剥がれ下地が見える

様になると、外壁の防水機能が低下します。

ひび割れは、コーキングの収縮により細かいひび割れが入り

放置するとコーキング材が固くなり断裂します。

欠けは、経年劣化や厚み不足により起き、外壁の防水機能低下

劣化原因となります。

  

 

外壁コーキングの補修方法としては、打ち増し・打ち替えがあります。

打ち増しは、既存コーキングの上からコーティング材を充填する方法で

作業工程が少なく、工事費も安く抑えられます。

 

打ち替えは、既存のコーキングをすべて取り除き、新規のコーキング材

を充填します。

新たにコーキングしなおすため、耐久性が上がりますが作業工程が増え

工事費も上がります。

私は、サイディング外壁の工事でサッシ廻りは、コーキング下の防水シートを

傷つけると、かえって雨漏れの原因になるので打ち増し

目地のコーキングは、打ち替えでの作業をお勧めしています。

不安な目地・サッシ廻りのコーキングが有りましたら、ご相談ください。

グラスビトウィーン ではベランダ屋根・外壁などその他様々な外装リフォームで

お困りのお客様に様々なメンテナンス方法をご提案いたします。

お悩み事があればグラスビトウィーンへお気軽にご相談ください!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!