町田市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根に登るのは注意してください!

屋根に登るのは注意してください!

事務のK子です🐣🐣🐣

今日はちょっと肌寒い1日ですね。
雨も降り始めてきたようです。
体調を崩している方が多くなっているようなので、
コロナ同様に健康には注意しないと。

最近は、テレワークがだいぶ根付いてきていて、
旦那さんが自宅にいる時間が長いこともあり、
ご自身で自宅の屋根を点検しているのをしばしばお見かけします。

でも、ちょっと心配です。

その理由は大きく分けると3つです。

その1 屋根の上は、プロでも危険を伴います。

点検しようと思う屋根。
まさか新築の屋根ではないですよね?
そうなると、築年数がだいぶ経っている屋根でしょう。
その屋根の上は、長年蓄積されたコケなどで滑りやすくなっていることが多いので
注意が必要です。

コケに気づかずに大丈夫だろうと気軽に足を運ぶと、
ふと気づいた時には。。。なんてことが、我々プロでも起き得ることなのです。

長年慣れてきている私たちでさえ、コケは見た目以上に油断は禁物で、
必要以上に注意するよう心がけております、

また、実際に屋根の上に登ってみると、思ってたより結構急傾斜になっているので、慣れないと、その恐怖心から足腰が安定せず、落下してしまう危険性が高くなります。

その2  屋根材を踏み割る

屋根の上を歩く時、
ほとんどの方が屋根下の構造を知らないので、普段通りに歩き回ると、
荷重のせいで、屋根材を割ってしまう場合があります。
さらに経年劣化により屋根材が痛んでる場合が多く、
ちょっとした亀裂に気づかずさらに踏み込んでしまい、割ってしまうことも。
わざわざ屋根に登って、屋根材を割ってしまったら、、、、
登らなければよかったと後悔するでしょう。

その3 雨漏りの原因はプロでも見つけるのは難しい

「雨漏りが原因で屋根点検をしよう!」

そんな時に屋根に登ってみて、明らかに破損している場所があったとしても
多くの割合でその部分ではないことが多いです。

雨漏りの原因は、派手な破損よりも、
結構地味な破損箇所からジワジワとしみ込んでいるケースをよく見かけます。

そのためお施主様ご自身では、雨漏り箇所を見つけることはかなり難しいです。
長年経験しているプロである我々でも、
雨漏りの原因はなかなか見つけにくい現場が結構あります。

このように大きく分けて3点の理由から
あまりお施主様ご自身で屋根の上に登るのは
なるべく控えた方がいいかと思います。

でも、屋根に登らない自主点検は大事です!
ご自宅が狭小地でなければ、
下から多少なりは屋根を確認できると思います。

そこで明らかに目立つ破損。
コケや雨樋のつまり。
また、ご自宅周辺で台風などの後に、
屋根材の破片が落ちていないかなど、
隅々まで点検はできないにしろ、
確認はできるはずので、
定期的に確認してみるといいと思います。

また、台風が日本に近づいてきているようです。
みなさんくれぐれもご注意ください!!!

事務のK子でした🐣🐣🐣

«  ||  »

無料屋根診断