町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 雨漏りの原因は?

雨漏りの原因は?

事務の熊野です♪

いいお天気ですね。
私も入社してだいぶ経ってきたので、
色々と屋根や外壁のことがわかってきました(*^^*)

雨漏りってなんで起きるの?

屋根が古いから?
雨風が強いから?

 

 

 

 

 

 

 

そんな理由くらいしか浮かばなかった私ですが、
みなさんはご存知ですか?!

考えらえる雨漏りの原因で多いのがこちら♪
(弊社職人からのアドバイスです^ ^)

1)雨樋などの詰まり

雨どいが詰まると、行き場のなくなった雨水の流れが変わり、
瓦などの隙間に入り込んで屋根の下地を傷めてしまいます。
下地が劣化すると雨漏りしやすくなるので要注意です。

2)瓦の割れやズレ

一般的な瓦は、下に防水シートを張り、その上に瓦を葺くという構造になっています。
防水シートは瓦が受け流せず入ってきた雨水が染みこむのを防ぐという役割があります。
瓦が割れてしまい、防水シートが直射日光に当たることで傷んでしまい、
防水能力が低くなってしまうので雨漏りの原因になります。

瓦は防水シートを守る役割もあるので、ずれていたりしているのを発見したら、
そのまま放置せずに早急に直すことをおすすめします。
その、防水シートも15年から20年で劣化してしまいます。
瓦がずれていないのに、雨漏りがある場合は、防水シートを交換する必要が
あるかもしれません。

3)窓サッシのパッキンの劣化
これが結構、雨漏りが多いパターンになります。
サッシのパッキンが劣化してしまうと、劣化したところから雨漏りが発生します。
「雨漏りは屋根」というイメージが強いですが、外壁の窓まわりから雨漏りが
結構多いので注意が必要です。

4)天窓からの雨水漏れ
これもよくあるパターンですが、お住まいにトップライトを設置している場合、
ここからの雨漏りも多いので注意が必要です。
トップライト本体の防水パッキンの平均寿命は10年から20年ぐらいと言われています。
定期的に交換などを行わないと雨漏りの原因になります。
また、よくあるのは、トップライト周辺の防水処理の施工不良による雨漏りの可能性です。
こればかりは新築当時に良い業者さんに巡り会えなかった運の悪さというのでしょうか。
ご自宅にトップライトがある方で気になる方は屋根点検をお勧めいたします。

以上のような原因があると弊社職人さんが教えてくれ、
私自身も知らなかったことばかりなので、勉強になりましたよ( ✌︎’ω’)✌︎

みなさんも気になる方は
ぜひ、1度ご相談くださいませ!

事務の熊野でした♪

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断
pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!