町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根・外壁「アルミ遮熱材 アストロフォイル」とは?

コンセプト

屋根・外壁「アルミ遮熱材 アストロフォイル」とは?

アルミ純度99%の高品質。熱を効果的に反射します。

アルミ遮熱材​「アストロフォイル」はポリエチレン樹脂製のエアキャップの両面に純度99%のアルミフォイルを貼った複層構造になっています。

​目的に合わせて、Eタイプ(4mm)、Fタイプ(8mm)から選択がいただけます。

おすすめポイント

point
1

■遮熱材と断熱材の違い

●遮熱材は、厚みがたったの4〜8mmですが、表面のアルミ箔によって輻射熱を反射(遮断)します。

夏は外部からの暑い熱を反射(遮断)し、室内を快適に保ちます

 

●断熱材は熱を反射(遮断)するのではなく、熱の伝わりを遅らせます。

夏場の室内が断熱材を入れても暑いのは、時間をかけてゆっくりと熱が室内に入り、さらに蓄熱効果で熱を保持しているからです。

point
2

■新時代の遮熱材「アストロフォイル」とは?

宇宙服やロケットが受ける電磁波の研究を経て「アルミと空気層」を使った遮熱理論が確立され、現在では航空機等にも使われています。この理論に基づき、住宅向けに開発されたものが「アストロフォイル」です。

 

「熱」を知る、知恵と技術。

熱は温度の高い方から低い方へ移動し、その動きには「対流」「伝導」「輻射」の3種類があります。

輻射は「電磁波(熱線)」のエネルギー放出によるもので、これ自体に熱はありませんが、この電磁波エネルギーを受けた物体が構成分子を振動させて熱が発生し、その物体の表面より二次的な電磁波を発生させます。

 

遮熱理論に基づく構造

アルミ遮熱材「アストロフォイル」は、ポリエチレン樹脂製エアキャップの両面に純度99%のアルミ箔を貼った5層もしくは7層構造になっています。両面のアルミ箔が内外の輻射熱を97%反射し、エアキャップの持つ空気層が熱伝導を抑える役割を果たしています。「輻射」・「伝導」に対して抵抗を持たせることで熱をより効果的に遮断することが可能です。

point
3

■フレキシブルな対応が可能

薄くて軽量かつ丈夫なアストロフォイルは場所を選ばず、あらゆる部材や部位に使用することが可能です。

point
4

■省エネ効果で家計にやさしい

■効果1

住宅の侵入熱量を36〜47%カット

アルミ遮熱材「アストロフォイル」はアルミ純度99%、反射率97%で侵入熱量を36~47%カット。
これは8~14畳用エアコン(2.5kW~4.0kW) 1台分に相当します。

 

  • 東京地区で屋根面積100㎡、壁面積200㎡の2階建て住宅とし、壁と屋根に使用した場合
  • P5(財)建築試験センターでの実験と結果→1W/㎡減熱
  • 冷房期間:6月2日~9月21日の6カ月間、6:00~24:00の18時間(社)日本冷凍空調工業会APF算基準
  • 41kWhあたり22円(税込)(社)全国家庭電気製品公正取引協議会・新電力目安単価(2006年調査)
  • 東京電力「電気のCO2排出係数」を元に算出
  • ブナの木1本が1年間に吸収するCO2量11kg独立行政法人 森林総合研究所試算→52本分削減

■効果2

ブナ6~10本分のエコロジー

「アストロフォイル」による8~14畳用エアコン1台分の夏期消費電力量の軽減は 6~10本のブナの木が吸収できるCO2量の削減と同等です。

 

  • 北海道旭川地区で床面積108㎡の住宅の壁と床に使用した場合
  • 上部「冬の効果」測定結果により→暖房費を20%削減
  • 北海道旭川地区にて測定した年間の暖房費の平均金額¥232,000の20%
  • 東京電力「電気のCO2排出係数」を元に算出
  • ブナの木1本が1年間に吸収するCO2量11kg独立行政法人 森林総合研究所試算→98本分削減
point
5

■施工事例

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

お気軽にご相談ください

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

tel.042-851-9303 営業時間:9:00~18:00