町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根リフォーム・相見積もりの必要性と活用法とは?

コンセプト

屋根リフォーム・相見積もりの必要性と活用法とは?

屋根の工事や補修、屋根のリフォームなどを行う場合、複数の業者から「見積書」を取ることを「相見積もり」と言います。

 

様々な業者から見積書を取る事によって、金額や条件を比較して自分にとって最も最適なものを選定するためです。

「相見積もり」にはメリットもデメリットもありますが基本的に行うべきものと考えた方が失敗しないリフォームの近道です。

おすすめポイント

point
1

相見積もりの必要性

屋根の工事や補修、屋根リフォームなどを行う場合、複数の業者からお見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。

様々な業者から見積もりを取る事によって、金額や条件を比較しご自身にとって最適なものを選ぶためです。

食材や家電製品を購入する際、ほとんどの方が折り込みチラシやインターネットで価格や性能などを比較するのではないでしょうか?

基本的にはこれと同じです。

屋根のリフォームなどでも一般的に行われています。
様々なサイトにも「屋根のリフォームは複数社から見積もりをとって比較検討しましょう」と掲載されています。

 

複数の業者を比較し、検討できるというのは大きなメリットです。
凡その相場も分かりますし、訪問してきた業者の印象や工事の適正も伺い知ることができます。

 

相見積もりをするのが一般的ではありますが、お客様の中には「見積もりしてもらったのに断るのは失礼か?」と悩む方も多くいられます。

 

確かに、仕事とはいえ断るのは申し訳ないという気持ちになるのも理解できます。
一生のうちに何回もリフォームをする訳ではありませんので、複数社から相見積もりを取り、比較検討するのは失敗しないリフォームの為にも致し方ありません。

 

よく「相場を知る事によって、適正な価格かどうか判断できる」それが相見積もりの必要性だといいます。
しかし、「相見積もり」の必要性は決してそれだけではありません。

 

屋根リフォームにおいて、最も信頼できる業者かどうかを調べることが出来る良い機会でもあります。
大切はお家で最も重要な屋根だからこそ「地域密着」の「優良業者」に頼まなくてはなりません。

御見積を頼んだ業者が優良業者かどうかサイトに掲載されている実績や施工事例、お客様からの評価だけではなく、実際に体験できる大きなチャンスと考えてください。

 

「相見積もり」は決して価格を比較するためのものだけではありません。

ここで、余談ではありますが、屋根工事の種類によって、「相見積もり」には向かない工事もあります。
屋根は天災の影響を最も受けやすい部分です。

 

「地震などで瓦がずれた」また「台風などの被害で棟板金がが剥がれた」また「雨漏れが発生した」などの工事は緊急性が高い工事で直ぐに補修しなければならない為、「相見積もり」には向きません。

 

相見積もりをする場合は、雨漏り等が発生しておらず屋根としての機能が失われてない状態で行うのが良いでしょう。

そう言った事を踏まえ、先ずは「相見積もり」のメリット・デメリットをお話ししていきたいと思います。

point
2

相見積もりのメリット

◆相見積もりのメリット

●金額が比較できるので「相場」が分かる

同条件で複数の業者に見積を頼んだ場合にも、金額はそれなりに差が出てきます。
しかし、見積金額が大きく違う(倍近く違う)ことはあり得ません。

 

非常に高かったり、逆に非常に安かったり・・。
非常に高い金額は、利益を多くとっていたり、また非常に安い金額を提示してきた業者は安いなりの理由が必ずあります。

 

屋根の葺き替え、屋根塗装については、屋根の種類・塗料の種類 etcを確認する必要があります。
安い屋根材・安い塗料を使えば必ず安い見積もりが出てきます。

 

ご自身の希望通りの屋根材や塗料の種類が見積書に明記されているか確認する事が大切です。

 

●業者同士で競争心が働く

 

優良業者同士で相見積もりになった場合、「当社の方が納得のいく価格で満足のできる工事が出来る」というプライドももっています。

金額面でもサービス面でも期待できるということです。

 

●比較・検討する時間が持てる

 

工事業者の中には、契約を急がせる業者もいると思います。

そういった業者には、「他の業者にも見積もりを頼んでいて、まだ見積もりを貰ってない為、家族で検討できません」と言い契約は少し待ってもらうようにしましょう。

 

「大切なお家のリフォームですので、ご家族で良くご検討ください」と言ってくれるような業者は優良業者でしょう!

 

●点検や調査に来た際に業者の様子(言葉使い・態度・説明の内容)をじっくり観察できる

 

相見積もりで最もメリットとなるのがこれです。

見積の為、転換や調査に来た業者がどの様な対応をするのか見分けることができます。

お家や敷地の広さにもよりますが、屋根に直接上って、あるいは最新式のドローンで各部分を細かく撮影しながら説明してくれる業者もいます。

また、反対にお家の周りを少し見上げただけで調査も完了してします業者もいます。
やはり、時間をかけて修理箇所を確認して頂ける業者の見積書は適正価格が多いのが現状です。

 

安い見積もりでも、後から追加修理なんて事もありえます。

point
3

相見積もりのデメリット

「相見積もり」はメリットだけではありません。
デメリットも存在します。

 

●業者によって見積書の書き方が違うため判断基準が分かりずらい。

 

業者によっては、シンプルな見積書もあれば、中には詳細の量が多く大量に項目が並んでいる物もあります。

実測で屋根の面積を計測している場合は、その数値に多少の異なりはでてきます。
図面などではなく、実測で屋根の面積を計測した場合どうしても誤差は生じます。

 

数値的にその差が大きくなければ問題ありません。
実測の場合は、このような誤差が生じることは理解しておきましょう。

 

●現地調査をしっかりと行わない業者がいる

 

相見積もりと分かると、やる気をなくし点検や調査も適当に済ませてしまう業者も存在します。
しかし、このような業者は最初から相見積もりをお願いするような業者ではありまえん。
プロの業者としては失格です。

逆に、相見積もりを大きなチャンスと考えている業者もいます。
自分の会社をアピールできる大きなチャンスととらえて、頑張る優良業者も存在します。

 

●複数社の中で、どの業者に依頼するのが良いのか悩んでしまう

 

相見積もりをお願いしている業者の数が多ければ多いほど、選択に非常に頭を悩まされます。
理想は2社~3社程度が良いと思います。

 

見積をお願いする前に、ネットで良くその企業の内容を確認し、「地元密着」「創業年数」「施工事例「お客様の声」などを比較検討することで、最終的に相見積もりをお願いする、2~3社に絞り込むことができます。

 

●相見積もりの業者にお断りしずらい

 

前述の様に、お見積もりを依頼した業者にお断りをするのは気が引けると言われる方も多いと思います。
点検も調査も時間をかけ、熱心に見積の説明もしてくださった業者には、特に断りずらいですよね。

 

お断りするときは、他社と何が違うのか、分かり易く説明して相手も納得がいくお断りの方法を見つけてください。

相見積もりが一般的になった現在は業者も相見積もりが当たり前と理解しているし、断られる可能性も理解しています。

 

実際に、同じお家で、同じ規模の業者で屋根材や塗料の種類も全く同じだとすれば、同じ見積金額が出るでしょう!

後は、業者のリフォームの技術(葺き替え技術・塗装技術)の差になります。

間違いのない業者選びは、前述の通り「地元密着」「創業年数」「施工事例「お客様の声」などを良く確認して判断してくださいね。

point
4

相見積もり業者の探し方

屋根はお家の最も重要な部分です。

相見積もりをお願いする業者は、それぞれ「優良業者」が良いですよね!

しかし、初めて屋根のリフォームをお願いするとなると「どうやって業者を選んだら良いのか分からない」という方もいらっしゃると思います。

 

地元に長く住んでいる方に評判の良い業者を教えてもらったり、近隣の「屋根リフォーム」を経験した方に評判を聞く方法もあります。

 

現在は、ネット社会が普及していますので、やはり業者の「ホームページ」などで大量な情報を収集する方法が一番良いでしょう。

 

ホームページなどには、業者の企業内容・特徴や実績などが大量に公開されています。
相見積もりの際の、業者選択前には必ずホームページなどを確認し、2~3社程度抜粋し、相見積もりをお願いする様にしましょう。

 

見積を依頼するのに値する地域密着の「優良企業」かどうかを確認する大きな手掛かりとなります。

そのホームページで特に次の点に注意して見ていきましょう。

 

◆施工事例やお客様の声と言った実績が分かりますか

 

●施工事例

 

その業者は「自分が依頼したいリフォーム経験・実績」はあるのか、「どのような工程で行ったのか」などはとても参考になります。

他の部分が優れていても、自分が望むリフォームの実績がないと不安ですよね。

施工事例は、その業者の「サービス力」「提案力」「問題解決力」がわかる情報です。
画像からも、工事現場が整然と整頓されているかなどの情報も伝わってきます。

 

整理整頓もできていない業者に、高い技術を求めるのは不可能ともいえるでしょう。

 

●お客様の声

 

実際にその業者で屋根のリフォームを行ったお客様の生の声、これを参考にしない手はありません。
良かった点だけでなく、悪かった点も掲載されていれば正直な業者と言えるでしょう。

 

お客様ごとに筆跡が違いますのでご記入のアンケート用紙が画像で掲載されていればかなり信頼できるでしょう。

業者からの、工事に対する提案など、業者の提案力も見ることができます。
非常に大きな情報になりますよね。

 

◆リフォーム瑕疵保険への登録事業者か

 

瑕疵とは、欠陥や不具合のことを言います。
リフォーム後、契約と異なる工事がされていたり、工事完了後すぐに不具合が生じた場合も瑕疵に当たります。

これを保証してくれるのが「瑕疵保険」です。

 

リフォーム瑕疵保険へ加入する事業者は保険法人へ事業登録することが義務づけられています。
リフォーム完了後、工事箇所や対象となる部分に瑕疵が見つかった場合、その補修費用が登録事業者に支払われ施工業者が瑕疵の部分の補修を行います。

 

◆工事の保証内容はしっかり明記されていますか

 

施工してもらった部分の不具合に対しても、一定の保証期間を設けることは、ほとんどの業者で行っています。

工事の「保証書」を発行していないような業者は話の他になります。

 

リフォームの場合、屋根材の保証書・工事の保証書・塗装の保証書・塗料の保証書etc

各部位ごとに保証書は存在しますので、内容も確認しておきましょう。
言葉の言い回しや、記載の不明点も必ず確認し理解しておきましょう。

point
5

見積一括サイトはどうなのか

ネットで「屋根リフォーム」を検索すると、「地元の優良企業を紹介!」などの色々な広告が表示されますよね。

こう言ったサイトを訪れ、ご自宅の住所・電話番号・お名前などを登録すると、地元の複数の業者から一括で見積もりが取れるというものなのですが、実態はどの様なものなのでしょうか。

 

このサイトで一番問題なのは、その業者の顔が見えないという事です。
実際に紹介を受けても、その業者が本当「優良業者」かどうかは分かりません。

また、紹介を受けた業者でもホームページすら持っていない業者も存在します。

 

数社紹介してもらえば、その中に優良業者も含まれている可能性もありますが、それを判断するのはかなり難しいと言わざるをえません。

 

見積一括サイトは、業者にお客様を紹介する事で手数料を得ています。
見積内容や、工事の出来不出来には一切関与していません。
紹介したお客様が成約した場合は、更に成約報酬が業者からサイト運営会社に支払われます。

 

では、紹介料や成約報酬はいったいどこから支払われるのでしょうか?
お分かりかと思いますが、結局はお客様から出ているのです。

つまり依頼した工事代金になります場合もあります。

 

こう言ったサイトを利用するためには、どういった業者か自ら判断するしかありません。
やはり自分で、ホームページなどを検索して数社を選択した方が良いのではないでしょうか。

point
6

相見積もりのマナーとは

業者が作成した見積もりを他の業者に見せても良いのでしょうかと言った質問が時々きます。

 

法律上は他の業者に見せる行為は問題ありません。
しかし、倫理やモラル的には「NG」な行為で、お客様の為にならない事が一般的です。

 

先ずは、御見積ですが、そこには業者のノウハウだったり、建材や人件費など他の業者に知られたくない情報も掲載されています。

それをライバル業者に教えてしまうのは、教えてもらった業者も「同じことをされる」と不信感を抱いてしまいます。

 

お客様が業者を信頼できないのではなく、業者の方がお客様を信頼できなくなってしまいます。
もし、このような業者に工事をお願いしても、お互いの信頼関係に不信感を抱いていたら、結果は良い方向にはいきません。

 

業者に不信感を抱かれて絶対に得する事はありませんので注意してください。
業者とお客様が、信頼しあってこそ本当に良い工事が完成します。

 

グラスビトウィーンは、地元密着企業として、創業47年の実績と経験で、

お客様のご要望を全力でサポートいたします!

「屋根・外壁の専門リフォーム会社」として多くの皆様に御満足いただけたら幸いです。

お気軽にご相談ください!

◆グラスビトウィーンは現在主流の「自然石粒付き・ジンカリウム鋼板」屋根材の国内正規代理店です!

大型倉庫を保有し、いつでもお客様のご要望にお応えいたします!

◆グラスビトウィーンは、全ての作業が「自社施工」ですので、ご安心してお任せください!

お気軽にご相談ください

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

tel.042-851-9303 営業時間:9:00~18:00